ある場所で繰り返し観察する間隔 ベータ版

地図上の矩形領域を(どんなに小さな範囲でも)選択すると、そこに生息する可能性のある植物のリストが表示されます。

また、それぞれの種について、GBIFポータルのAPIに問い合わせることで、選択したエリアにおけるその種の既知の発生数(もしある場合)が表示されます。

本アプリケーションは、欧州の研究クラウド[https://eosc-portal.eu/, https://cos4cloud-eosc.eu/]の枠組みの中で、Pl@ntNetチームが人工知能アルゴリズムに基づき開発したAI-GeoSpecies サービスを利用しています。